シミ取り美白化粧品

30代以降の女性に見られる肝斑の特徴、治療法



シミは、その原因や色・形状・発生箇所などからいくつかの種類に分けられ、それぞれのシミに合った対策をすることが必要です。女性、なかでも30代頃に多く現れる「肝斑(かんぱん)」がどのようなシミで、どう対処すれば良いのかを確認しておきましょう。

近年、肝斑治療に効果的な成分が発見され、これを配合した内服薬が販売されるようになった影響で、「かんぱん」という言葉をCMで耳にしたことがある方は多いですよね。 肝斑を見分ける特徴のひとつは、頬や額といった目の周り・口の周りに、左右対称にできるということです。

主に茶色ですが濃淡には個人差があり、隆起はなく、境界は比較的鮮明です。 女性だけに見られること、多くは30代頃に発生することも大きな特徴であり、この背景には肝斑の「原因」があります。

肝斑の発生には、「女性ホルモン」のバランスが大きく影響しています。ちょうど30代以降の女性で、妊娠をしたり、更年期でピルを服用したり、卵巣の病気などが起こりやすい時期に、肝斑の発生も多くなります。

妊娠時にはさまざまな体の変化が見られるものであり、肝斑もそのひとつなので、出産が終われば肝斑が薄くなっていくケースも見られます。しかし多くの場合には、さらに紫外線を浴びてメラニン色素が影響し、肝斑も濃くなってしまうのです。

主な要因は女性ホルモンのバランスの崩れですが、過剰な紫外線を浴び続けたり、肌を傷める化粧品成分が原因である場合もあります。

肝斑治療に効果が見られる「トラネキサム酸」と、美白・美肌成分のビタミンCを内服しましょう。ビタミンCのイオン導入や、トップページでも紹介したハイドロキノン配合化粧品も、肝斑治療に効果を発揮します。

肝斑治療の効果を謳う市販薬の利用もいいですが、効果が見られるまでにはある程度の服用期間が必要です。服用を中断するとせっかくの改善作用も中断され、再び肝斑が濃くなることもあるため、長期的な治療を前提として選んでください。

すぐにシミを消したい方の多くはレーザー治療を検討すると思いますが、肝斑は、ほとんどのレーザー照射で逆に濃くなってしまうことが確認されています。特に、ほかのシミと肝斑が混ざっている場合には、慎重に治療する必要があります。

市販の美白化粧品での改善が見られる肝斑ですが、特に気になる症状があったり、確実に治療していきたいという方は、一度、シミ治療に詳しく、信頼できる医師へと相談してみることをおすすめします。

美白情報その他記事



このページの先頭へ